2020東京オリパラでのオステオパスの参加に関して

2020東京オリパラのポリクリニックでのメディカルサービスに関してオステオパシー業界の日本代表として東京組織委員会と公式面談を行い話を聞いてきました。

東京組織委員会の入るビルからは選手村がよく見渡せます、青っぽい細いビルの後ろの左右の肌色?オレンジ色っぽいビルが選手村です、周辺の道もだいぶ出来ていました。

東京組織委員会の医療サービス担当の方と医療アドバイザーの方同席にての面談です。

・ポリクリニックは診療所登録する医療施設である
・日本で医療を行えるのは日本の医療資格を持った人のみ
・ポリクリニックで働く人は整形外科医・理学療法士・鍼灸師・マッサージ師で整形外科医がいるのでバッティングする柔道整復師は除外
・他国のライセンスで医療行為をすることは一切認められない
・アスレチックトレーナーはIOC・IPCは医療としては認めていないので、医療行為は一切できない、よってポリクリニックで働くことは出来ない

なので世界にメディカルサービスのボランティアを募集することはなく、基本的にオールジャパンで望むようです。

リオオリパラでは大会3ヶ月前に国が動いて、カイロプラクティック・オステオパシーの法制度がない状況でも特例処置を認めたようですが、東京はそんな柔軟さはまったくないと思われます。

IOC・IPCが求めているグルーバルスタンダードなメディカルサービスの提供とは大きく違う東京独自のもので望むようです。

2012ロンドンからスタートしたCOPSでのメディカルサービスは2016リオで継続され発展して来ましたが、2020東京で途絶えてしまう事になるようです。

今後日本で行われる国際大会にてポリクリニックでオステオパスとして働くなら、医療としてのオステオパシーの日本の法制度の設立(これには教育機関も当然必要)、日本での国家試験も必要になることでしょう。
そしてこの日本のライセンスをもたない限り日本でオステオパシーを医療として行うことは出来ない。
海外のオステオパシーライセンスは認められない事になります。
厳しくとてもハードルの高い結果です。

日本は医療鎖国のようなシステムなので特に厳しい結果です。

脳振盪

気づく・知らせる・プレーをやめる
とても重要なことです

MAT Live 東京

MAT Live 東京
得るものたくさんで素晴らしい内容でした。
推測をやめて計測を!

マット到着!

MATセミナーで使用する折りたたみの定規やマットが到着しました!
セミナーには折りたたみ定規・マット・マットを入れるバックが含まれています。

フランクフルトにもオステオパシー専門のスタッフが

footballistaの4月号の特集はケガとともに生きるです。
この中の記事にフランクフルト「鍼灸師トレーナー」の仕事の記事があり、フランクフルトで活躍している日本人鍼灸師の記事がありました。

この記事の52ページにフランクフルトにもオステオパシー専門のスタッフがいることや、全体を見ることができるオステオシーの資格を目指す人が多いことも書かれています。

ドイツではオステオパシーの大学はありますが、国としてオステオパシー単独の法制化にはまだ至っていません。

オステオパシーは世界で見ればグローバルスタンダードであることは間違いなく、サッカーのクラブチームにはほぼオステオパスがかかわっていると思われます。

ブラジルのオステオパスとディスカッション

AAOコンボケーションにてブラジルのオステオパスと日本のオステオパスで2020東京に向けたディスカッション。
ブラジルがどのようにしてオリパラのポリクリニックにオステオパスを参加させることが出来たのか?ブラジルも日本同様にオステオパシーの法制度が無い状況ですので、とても参考になりました。

AnaさんはブラジルのOIA代表でもあり、OIAの議長でもありますので、OIAを積極的に活用し、2020東京でのオステオパシーの採用についてサポート依頼をお願いしました。

残席3名になりました

MAT LIVE Course-東京残席3名になりました。お早めに申し込み下さい。

MAT LIVE-東京-申し込み開始しました

MAT LIVE-東京-申し込み開始しました。

https://osteopathic.jp/2018/11/14/4629/

タグフットボールワールドカップから帰国しました。

3年前のサンシャインコーストでのワールドカップから2度目のオステオパシーケア!
今回はオーストラリアのコフスハーバーでの開催でした。
日本代表チームはオープン・オープンMIX・40OVER ・マスターズで4つのカテゴリーでのエントリー。
50名近い選手のケアを日本オステオパシースポーツケア協会で行ってきました。
運営サイドとしてもサポート。

世界の壁は厚く打ちのめされた感じではありましたが、また3年後のワールドカップ開催に向けて日本代表も実力をつけていくことでしょう。

今回の海外対応のオステオパシー賠償保険の開発に尽力していただいた、保険代理店のジック様、現地でケア用にポータブルベットを貸して頂いた森田あずさ様ありがとうございました。

お陰様で3年前にどうしても必要だと思っていたことが実現できより良いケアを提供できました。

オーストラリアン徒手療法:疼痛サイクルを断ち切るテクニック(東京)

オーストラリアン徒手療法:疼痛サイクルを断ち切るテクニック(東京)がJCOで開催されます。

日時:1月19日 14:00~20:00
場所:JCO教室1F
募集定員:20名

OSCAJの紹介の場合11月末までに申し込みの方は割引が御座いますのでごOSCAJまで連絡いただいてから申し込みしていただければと思います。

oscaj●osteopathic.jp
●を@に変更してメールいただければと思います。

申し込みサイト
https://www.beyondmassage.jp/2019-01-19

シドニーオリンピックでマッサージ部門のディレクターであったジェフさんには、来月オーストラリア(コフスハーバー)で行われるタグフットボールのワールドカップにおいて、日本代表4チームのケアを担当するOSCAJに現地でポータブルベットなどをサポートしてい頂けることになりました。感謝いたします。