OIAでのプレゼン

9月のモントリオールでのOIA会議でJOF国際部代表であり、OSCAJメンバーの平塚佳輝先生がオリンピック・パラリンピックのSIG(スペシャル・インタレスト・グループ)のプレゼンをすることになったようです。
ブラジルとイギリスの責任者が欠席のようで、メインでのプレゼンになるようです。
昨年はイギリス・ブラジル・日本での共同でのプレゼンでしたが今年は重要な役割を任されることになります。
OIAではSIGとしてある分野に特化したセクションを作り、SIGが中心となって進めていくシステムになってきています。
リオオリオンピック・パラリンピックにはOSCAJより1~2名のオステオパシーボランティアが参加できるかもしれない状況になってきました。
OSCAJから一人でもリオを経験できれば東京に繋がる可能性は大きいと思います。
OIAでのプレゼンの内容はIOCとの交渉に重要なものとなります、IOCがロンドンでのCOPS複合医療チームのポリクリニックでの活躍を高く評価していることから、
今後のオリンピック・パラリンピックでのCOPSが継続されていくことは間違いないでしょう。

平塚佳輝先生に良いプレゼンを行ってもらえるよう、OSCAJはサポートしていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。