義足や義肢について学ぶ

義足や義肢について多くの事を学ばせてもらいました。
接続部分の工夫や密着性など圧力がかかった時の膨張、脱着のし易さなど工夫がされています。
義足はドイツのOttoBock社が優れているようでライナーなどはアイスランド製の物を使ってるそうです。
各自義足を装着し歩行してみたのですが用途によってかなり感覚が変わります。
重要なのは着地時の吸収と反発で軽ければ良いというわけでもないようでした。
障がいを負った時にどのタイミングで義足を作製していくのが良いかなどはメンタルや浮腫の削減などにも影響するようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。