NBA現役スーパースターも、オステオパシー治療を受けている!

?ダラスマーベリックス所属のダークノヴィツキー選手の約18年間の現役活躍の裏には、オステオパシー治療が関与している。
?ヨーロッパ選手権や他の国際マッチの際、オステオパスが母国ドイツ代表の治療スタッフと協力して、選手のケアを現在も継続。
?世界基準の舞台裏を支えるオステオパシー。ロンドン五輪から選手村ポリクリニックに配属されており、日本国内でも活躍が期待される。
VOD(ドイツオステオパシー代表部)のネットサイトによると、NBA歴代6位の通算得点記録を持つ、現役選手のノヴィツキー選手は、ドイツ代表として活躍した際に、代表チーム所属オステオパス2人が治療をしてきたようだ。
縦28m、横15mのコート内でのダイナミックな展開が醍醐味でもある、バスケットボールだが、足関節、膝関節への負担が大きいため、前十字靭帯損傷や半月板損傷といった大きなケガも発生しやすい。そのため治療の最前線に立つオステオパスは、代表チームのアスレチックトレーナーと共にタッグを組んで、選手を支えている。
オステオパスが黒子役として活躍する場は、プロバスケットボールだけではない。代表的に挙げられるのが、サッカー、ラグビーなどのコンタクトスポーツの他に、精神と身体のバランスが鍵となるテニスにも関与している。ウィンブルドン大会のコート上で、アンディーマレーのオステオパストレーナーがマニピュレーションを施した光景は、まだ遠くない話だ。
https://oscaj.org/wp/tennis/
リオデジャネイロ五輪開催まで、5ヶ月となった。スポーツ医師やアスレチックトレーナーなどの国際治療スタッフと共に、オステオパスが黒子の如く活躍することが期待される。
資料:
1)VOD e.V.(Bundesvertretung der Osteopathen in Deutschland)
http://www.osteopathie.de/news-vodnews—-1442527200
2) ダーク ノヴィツキー
https://ja.wikipedia.org/wiki/ダーク・ノヴィツキー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。