頭部への衝撃が分かるスローモーション動画

サッカーボールが人間の頭部に当たった時のエネルギーの伝わり方がよく分かります。
この動画を見ると前頭骨より蝶形骨や側頭骨のエリアがかなり側方へ移動しているように見えます、また右の頬骨がショックアブソーバーの働きをしているのもよく分かります。
実際にキックされたボールが当たる時はさらに大きな力がかかるので、頭蓋外傷として縫合や筋膜・靱帯へのストレインが残るのも納得できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。