脳振盪後のケアにOMT

The Journal of American Osteopathic Associationに掲載されているOsteopathic manipulative treatment(OMT)オステオパシー手技治療で軽度の脳振盪施術で改善した症例です。

http://jaoa.org/article.aspx?articleID=2498831#.VtSkkEil4-s.facebook

以下は要約です。
脳振盪は頭への衝撃で起こるが、その炎症反応によって長期化することがあり、OMTは膠細胞リンパの流れを改善することで炎症を減少するのに役立つ可能性がある。
著者は嘔気、めまい、耳鳴り、平衡感覚の不安定の症状を呈した患者への影響を述べている。
術前術後に感覚統合機能テストを行った。
25分のOMT後、患者の症状はなくなり、感覚統合機能テストは6ポイント改善した。
OMTは脳振盪のマネージメントに必須で経済的に有効なツールとして調査されるべきである。

OSCAJは現場ではSCAT3でのチェック
脳振盪後のケアにOMTのアプローチを有します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です