義足の走り幅跳び選手マルクス・レームが健常者の記録を超える

義足の走り幅跳び選手マルクス・レームが健常者の記録を抜いてしまったが為に今まで応援していた選手から一気に逆風に。
義足の優位性がないことを自分で証明しなくてはならないようです。
オリンピックに参考記録としてではなく出場できるようになるのか話し合いが続いているようです。
健常者に比べ義足は助走スピードは落ちるけど跳躍力は上がる、このプラスマイナスをどのように判断するのか?また義足を使いこなすように練習してきた選手の努力をどう判断するのかが問われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。