健康食品やサプリメントの危険性

厚生労働省が報道関係者に発表している平成25年度「インターネット販売製品の買上調査」の結果です

~購入したいわゆる健康食品の半数以上から医薬品成分を検出、危険ドラッグはすべて指定薬物又は麻薬を含有~

インターネット上で広告され販売されていたいわゆる健康食品及び危険ドラッグを購入し、
国立医薬品食品衛生研究所で分析を行った結果、購入したいわゆる健康食品81製品中、
49製品から医薬品成分が検出され、危険ドラッグ52製品すべてから指定薬物又は麻薬が検出されたのでお知らせします。

全文はこちら。厚生労働省のHPより
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000107919.html

一般の人ももちろんですがアスリートは安全が確認されていないサプリメントや健康食品を摂取すると、ドーピングでひっかかる可能性があるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。