フランクフルトにもオステオパシー専門のスタッフが

footballistaの4月号の特集はケガとともに生きるです。
この中の記事にフランクフルト「鍼灸師トレーナー」の仕事の記事があり、フランクフルトで活躍している日本人鍼灸師の記事がありました。

この記事の52ページにフランクフルトにもオステオパシー専門のスタッフがいることや、全体を見ることができるオステオシーの資格を目指す人が多いことも書かれています。

ドイツではオステオパシーの大学はありますが、国としてオステオパシー単独の法制化にはまだ至っていません。

オステオパシーは世界で見ればグローバルスタンダードであることは間違いなく、サッカーのクラブチームにはほぼオステオパスがかかわっていると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です