サッカーでも脳振盪への取り組みがスタート

サッカー代表戦とJリーグでの脳振盪への取り組みがスタートするようです。
ただピッチ内でのチームドクターの診断にかけられる時間は最長3分と短くSCAT3を適用して診断するには厳しそうです。

エリートレベルのラグビーの試合ではHead Injury Assessment(HIA)は最大10分間の一時的交代が可能なのにたいして3分はかなり短いと思われます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160218-00050161-yom-socc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。