ウインブルドンでのオステオパスの活躍

ウインブルドンでもオステオパスが活躍しています、画像から判断するとフィールドでドックテクニックで胸椎をスラストしていると思われます。
When a Osteopath judges Wimbledon from the picture playing an active part, the thrust seems to be doing a thoracic vertebra by dock technique in the field.

image3

2014年のNunber 7/15臨時増刊号にはオランダのロッベン選手を支えている専属のオステオパスの記事も載っています。

世界ではオステオパスがトッププレーヤーをケアしているのはあたりまえの事なのです。日本もそこまでオステオパシースポーツケアを発展させていきたいと思います。
The article about the osteopath who was under exclusive contract with Dutch player Robben is also on Number July 15, 2014 special issue.

It’s very common in the world that the osteopath support the top athlete.
We’d like to develop the Japanese osteopathic sports care to that level.

 

ウインブルドンでのオステオパスの活躍」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: NBA現役スーパースターも、オステオパシー治療を受けている! - 日本オステオパシースポーツケア協会日本オステオパシースポーツケア協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。