COPS情報

ついにリオオリンピック始まりました!

現地入りしているシメオン先生からOSCAJの為に毎日情報が送られてきています。
その情報を元にリオパラリンピックの準備と東京への準備が始まっています。

到着してからのシメオン先生から送られてきたのCOPSに関わる生の情報のダイジェスト版です。

2日目コンピューターシステムがいろいろと機能していない状況
食事は期待できなさそう・・・・
テーピングは届いていない状況
抗重力トレッドミルは届いてるけどスイッチ入っていないので使えない。

3日目東京組織委員会の医療担当者と会ったようでOSCAJの紹介とパラに2名参加することを伝えた。OSCAJの代表からメールを頂きたいと先方から。
バスはAM5:00~AM2:00まで動いて宿泊場所までは移動できそう
6時~3時 3時~11時の2つのシフト8時間勤務
3時間で5名ケアしてカルテ書く暇はなかった。その後休憩がありその時間でカルテ記入できた。
やっとテーピングが届きだした。パラには潤沢にテーピングあるんじゃないか?

4日目また東京組織委員会4名と会い、理学療法士主導でCOPSの話をした。

5日目COPSでスラストを行って良いのはオステオパシーとカイロプラクティックのみで他は行ってはいけない。
針とショックウェーブは医師のみ使用可能。

リオでの生の情報が我々に日々送られてくるのはとってもありがたいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。