ブラジルのオステオパスとディスカッション

AAOコンボケーションにてブラジルのオステオパスと日本のオステオパスで2020東京に向けたディスカッション。
ブラジルがどのようにしてオリパラのポリクリニックにオステオパスを参加させることが出来たのか?ブラジルも日本同様にオステオパシーの法制度が無い状況ですので、とても参考になりました。

AnaさんはブラジルのOIA代表でもあり、OIAの議長でもありますので、OIAを積極的に活用し、2020東京でのオステオパシーの採用についてサポート依頼をお願いしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です