MLBフィラデルフィア・フィーリーズでもオステオパシー医を採用

メジャーリーグのフィラデルフィア・フィリーズでもメディカルスタッフにオステオパシー医師を採用しています。
メディカルスタッフ採用の記事
http://mlb.mlb.com/…/printer…/phi/y2008/m04/d01/c2478275.jsp

現場での急性外傷にもオステオパシー医が活躍しています
筋肉エネルギーテクニックのよる可動性の向上やOMT=オステオパシック・マニピュレーティブ・トリートメント(Osteopathic Manipulative Treatment)を行った時の浮腫や痛みの改善の統計的証拠・有意性も紹介されています。

http://www.medevie.com/#!Osteopaths-take-another-step-forward-onto-the-frontlines-emergency-department-for-acute-ankle-injury/c7a5/5652082b0cf29e70f222378c

MIZUNOが義足用の板バネを開発、国産ブランドに期待!

MIZUNOが本格的に義足の板バネの開発をして販売するようです
さらに熟成を重ねてもらって東京パラリンピックでは国産の板バネが活躍するようになると良いですね。
http://www.mizuno.jp/conte…/hakkentai/product/20160617.aspx…

コートジボアールにもオステオパスが帯同

コートジボアールチームにもオステオパスが帯同しています。
フランスのオステオパス、フレデリック・ダンテさんがドログバやヤヤ・トゥーレなどもケアしているようです。
海外ではサッカーのトップチームではオステオパスは欠かせない存在となっています。 

http://www.ouest-france.fr/sport/frederic-dante-je-vais-participer-ma-quatrieme-can-368260

ジダンとオステオパスの関わり

2002年・2003年とちょっと古い記事ですがジダンとオステオパスの関わりが分かります。
http://www.ladepeche.fr/…/403455-zidane-a-retouche-le-ballo…
http://www.elmundo.es/…/2…/2002/05/26/europa/1022425763.html
http://as.com/…/2002/06/03/mas_futbol/1023055216_850215.html

Benzema recurre a Philippe Boixel, el osteópata de Zidane

まだまだサッカー特集続きます!
この記事にもBenzema・ZidaneとオステオパスのPhilippe Boixelの関係が書かれています。オステオパスへの信頼はとても高いようです

Benzema recurre a Philippe Boixel, el osteópata de Zidane

情報源: Benzema recurre a Philippe Boixel, el osteópata de Zidane

ジダンとオステオパシー

あのジダンもオステオパシーを受けていた!

Ostéopathie pour Club Sportif


このサイトでジダンもオステオパシーについて語っています。
ロッベンの専属のオステオパスがいたことも驚きましたがジダンもオステオパシーを受けていたんですね。
ここで紹介されているオステオパスのPhilippe Boixelさんのオステオパシースポーツケアの経歴も凄いです。

Philippe Boixel
アーセナルのサッカークラブ
1996 – 現在 (20年)イギリス ロンドン

プレミアチームの医療スタッフのメンバー
オステオパシーとエネルギー医学
CABINET D’OSTEOPATHIE PHILIPPE BOIXEL
1982 – 現在 (34年)PARIS 8
構造および内臓オステオパシーの頭蓋仙骨、。伝統的な中国医学の法律オステオパシー協会。感情的、主観的次元の治療に統合。急性および慢性機能性病変の治療。分子栄養学にコンサルティングを含む予防包括的アプローチ。トップレベルのサッカーの経験に基づいて、スポーツ外傷専門知識。
オステオパス
フランスサッカーチーム
1993 – 2004(11年)クレールフォンテーヌ
フランスチームの医療スタッフのメンバー

オステオパス
ユベントス・フットボール・クラブ
1995 – 2000 (5年)イタリア トリノ エリア
プレミアチームにコンサルタント

フランスにおけるオステオパシースポーツケア

フランスではスポーツ団体の依頼を受けてスポーツのメジャーなイベントに介入しているようです。
ツール・ド・フランスセーリングレース
Clairefontaineトロフィー
エビアンマスターズ(ゴルフ)
パリニースチャレンジ/ VTT(アドベンチャーレース)
Coupe du Monde d’escalade(ボルダリング?)
ジェットスキー世界選手権
フランステニス選手権女子
エールフランスラグビーセブン
モンテカルロラリー
サーキット、ラリーレイドなど自動車・オートバイ世界選手権等

極限状態の足

ツールドフランスで250km走った状態はこのような極限状態です。
OSCAオステオパシースポーツケアセミナーでシメオン先生がこのような状態に対し、リンパストロークや通常の軟部組織のマニピュレーションを行うと痙攣を起こすのでダメとの事で専用のアプローチを習いました。
状況に対応できるオステオパシースポーツケアを、OSCAオステオパシースポーツケアセミナーにて学んで頂ければと思います。

フランスのサッカーでもオステオパスが活躍

フランスのサッカーでもオステオパスが活躍しています

http://www.lavoixdunord.fr/region/euro-2016-un-calaisien-aux-petits-soins-pour-les-bleus-ia33b48581n3580546