OSCAJプレスリリース2号

パラリンピックでも手技療法を継続

国際医療チームが引き続き治療提供へ

オステオパシー部門に日本人初選出

 

国際パラリンピック委員会(IPC)は、リオ五輪に続き、選手村総合病院で『COPS形式』を採用する。COPSは、カイロプラクティック、オステオパシー、理学療法、スポーツマッサージの頭文字から由来。国際オリンピック委員会(IOC)でも世界基準の選手が求める医療とする再採用が世界から注目されている。近年の世界大会の治療チームにおいて、この黒子役は必要不可欠である。COPS形式採用の理由に、経済的理由から脆弱な自国の医療チームしか持たない選手への貢献が挙げられる。2012年ロンドン五輪・パラリンピックにおいて、初の複合理学療法サービスが実現された。その際、COPS は得意分野を活かした治療をそれぞれが分担したことで優れた医療提供を可能とした。その治療を受けた選手の中には、金メダル獲得で自国のヒーローになった人物も存在したのである。オステオパシーは現在注目されている手技療法の一種で、欧米諸国では医療資格として認可されている。一見他の療法と似ているが、一番の醍醐味は、解剖生理学に沿って根本治療を目指すところ。特徴的な哲学と原則に基づいた療法で、その治療により、身体が本来持つ機能性を取り戻し自己回復を促す。また他の医療と組み合わせても副作用は稀で、スポーツ選手はもとより万人への効果が期待出来る。今日の国内法に従うと、民間療法とされる手技療法の医療チーム参入は、懐疑的かもしれない。それでも、IOC・IPC選手からの要望により2020年度も継続採用される可能性がある。現在、五輪・パラリンピック開催中のブラジルでも政府は職業としては認めているが民間療法の位置付である。しかし今回もCOPS形式が採用され、数十名のオステオパスが参加している。パラリンピック医療チームでは初の日本人オステオパス2名が選出され、その活躍が期待されている。関係者によると、8月初めに東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の役員が、現地視察に入った。五輪選手村総合病院では、医療チームの声をヒアリングしたという。そこで、従来の日本方式に当てはまらない世界基準の医療形態を目にしたに違いない。4年後の東京で、世界基準の医療提供で選手を満足させるおもてなしは出来るのか。東京五輪・パラリンピック組織委員会と日本政府がフルコースを提供出来るかで采配が決まるだろう。

問い合わせ先:日本オステオパシースポーツケア協会 所在地:167-0053東京都杉並区
西荻南2-26-2ワイズビル1F  ホームページ:oscaj.org/wp/
協会代表、兼取材者対応担当者:小嶋 智 メールアドレス:support@oscaj.org
電話:03-5344-9095

スカイプ会議

リオからロンドンに帰宅したシメオン先生とスカイプ会議をしました。
リオでのCOPSの評価や各セクションの人数、施術の人数やオステオパシーにやってくる選手の要望など貴重な情報でした。

通常2名体制でオステオパスは配属になるのにシメオン先生は一人で12時間近くぶっ続け働いてたとか、昼休み1時間しか無いのに選手村の食事の待ち時間が1時間で食べられないこともとか。

やはり疲れた感じではありましたが、12月のセミナーの内容などの話し合いも出来ました。

ちょこっと働いていなくなるようなボランティアもいる中、大会前から大会終わりまで通しで休みなく毎日働いたことは、必要とされている事と信頼の証拠だと思います。

お疲れ様でした。

14102203_1055005251256039_5449082731570708912_n

OSCAJプレスリリース1号

IOC、選手治療に手技療法も重要視

ハイテク医療と手技療法の連携が鍵

五輪アスリートの記録躍進をサポート

国際オリンピック委員会(IOC)は、ロンドン五輪以降、選手村総合病院で『COPS形式』を採用。COPSとは、カイロプラクティック、オステオパシー、理学療法、スポーツマッサージの頭文字から由来する。今年開催されるリオ五輪でも世界レベルの選手が求める医療の一部として採用される見通し。
選手村では、開催国により総合医療チームが立ち上げられ、医師と療法士が共同で選手の治療にあたる。その枠組み内にある理学療法とスポーツマッサージは、日本のスポーツ界でもよく耳にする職業であろう。しかし他の二つは、認知度がまだ成長過程にある施術法である。国内では、政府無認可の民間療法であるが、IOCからの要望により東京五輪でも採用される可能性がある。
近年オステオパシーは、欧米諸国の政府認可の医療資格として注目されている手技療法だ。特徴的な哲学と原則を土台に、身体が本来持つ機能性を取り戻し、自己回復を促すというもの。カイロプラクティックも同様、手技を基本とする療法であるが、独持の哲学と原則に沿って施術する。双方とも米国で1800年代後期に発達し,現在ではオステオパシー医師とカイロプラクターとして活躍する。
五輪選手村にある総合医療病院では、世界規準の医療を提供することで選手をサポートしている。そこでは最新医療器具が用意され、大会中に怪我で悩む選手のコンディショニングに大いに貢献している。その他に、選手を強く支える黒子役としてささやかに存在するのが、手技療法家の存在であろう。怪我をすると精神的に大きな負荷がかかるが、それを癒すのは人が手を使ってなす施術と会話である。
IOCが薦める医療では、最新の技術同様、自然治癒力を基とする手技治療も重要視されている。今夏リオ五輪大会期間中、五輪選手は、身体的と精神的に頼れる総合医療チームに護られることだろう。日本国内でも、2020年に向け、手技療法家は、選手を陰ながら支えるべく準備を着々と進めている。

 

問い合わせ先:オステオパシースポーツケア協会

所在地:〒167-0053東京都杉並区西荻南2-26-2ワイズビル1F
ホームページ:oscaj.org/wp/
メール:support@oscaj.org

協会代表・兼取材者対応担当者:小嶋 智
事務局:03-5344-9095


Osteopathy Physician 米国はオステオパシー医師
Osteopath  その他の国は手技療法をメインとしてオステオパシーを行う(医師ではない)
日本におけるOsteopath(オステオパス)はJOF日本オステオパシー連合の民間認定試験合格者のMRO(J):Member of Registered Osteopaths (Japan)保持者への称号

Osteopath(オステオパス)はJOFの商標登録であり日本のオステオパスとして
OIA(Osteopathic International Alliance)に報告されています。

COPS情報

ついにリオオリンピック始まりました!

現地入りしているシメオン先生からOSCAJの為に毎日情報が送られてきています。
その情報を元にリオパラリンピックの準備と東京への準備が始まっています。

到着してからのシメオン先生から送られてきたのCOPSに関わる生の情報のダイジェスト版です。

2日目コンピューターシステムがいろいろと機能していない状況
食事は期待できなさそう・・・・
テーピングは届いていない状況
抗重力トレッドミルは届いてるけどスイッチ入っていないので使えない。

3日目東京組織委員会の医療担当者と会ったようでOSCAJの紹介とパラに2名参加することを伝えた。OSCAJの代表からメールを頂きたいと先方から。
バスはAM5:00~AM2:00まで動いて宿泊場所までは移動できそう
6時~3時 3時~11時の2つのシフト8時間勤務
3時間で5名ケアしてカルテ書く暇はなかった。その後休憩がありその時間でカルテ記入できた。
やっとテーピングが届きだした。パラには潤沢にテーピングあるんじゃないか?

4日目また東京組織委員会4名と会い、理学療法士主導でCOPSの話をした。

5日目COPSでスラストを行って良いのはオステオパシーとカイロプラクティックのみで他は行ってはいけない。
針とショックウェーブは医師のみ使用可能。

リオでの生の情報が我々に日々送られてくるのはとってもありがたいことです。

リオオリンピックにもオステオパシー

リオオリンピックのメディカルサービスに参加する為、OSCA UK代表のシメオン・ミルトン先生が現地入りして活動しています。

NTT全国バスケットボール大会2016ケア 動画

第30回NTT全国バスケットボール東京大会でのオステオパシーケア

7月30日(土)、31日(日)、第30回NTT全国バスケットボール東京大会が行われ、オステオパシーとしては初めて参加させていただき、OSCAJのメンバー正治、政木、金川、佐藤鉄也、佐藤行央の5名がケアにあたりました。

試合会場が2箇所(NTT中央研修センタ体育館、大蔵第二運動場体育館)で行われ、OSCAJブースはNTT中央研修センタ体育館に設置させていただきました。気温30℃を越えるなか、空調設備がない体育館内でのケアとなり、暑さとの戦いでもありました。

NTT全国バスケットボール大会は毎年夏に行われ、東京、大阪、名古屋、京都など毎年会場を変えながら行われます。
Super Division、Joy Division、Ladies Division、Senior Divisionと4つのカテゴリーがあり、総勢43チームが2日間に3~5試合をこなす。かなり体力的にも厳しい大会です。

両日合わせて80名ほどの選手をケアさせていただきました。
初日は試合前のアップとしてストレッチなどのケアが多かったのですが、2日目になると疲労回復や足首や膝の固定テーピングのケア依頼が多く、短時間に正確なテーピングを巻ける技術が求められました。

最後の試合において試合中に選手が腰を痛めるハプニングあり、ERナースの金川、正治の迅速な対応により、救急搬送の対応ができました。その後、連絡がありやはり背骨の骨折をしていたようです。
来年のNTT全国バスケットボール大会は名古屋近辺で行われます。ぜひ、また継続して参加させていただきスポーツケアさせていただき

スライドショーには JavaScript が必要です。

オステオパシーブース設置完了

明日・明後日の第30回NTT全国バスケットボール東京大会をOSCAJが専属でケアをします。
倉庫にオステオパシーブースの設置完了です。

浮腫へのEdemaテープ

浮腫へのEdemaテープとカウンターストレインのリンパへのアプローチの併用は素晴らしい効果を発揮します。

第二回タグフットボールワールドカップ サンシャインコースト

タグフットボール東京大会が開催されるようです10/22(土)葛飾区のグラウンド。
またオセアニアカップにも日本代表チームが招待されているとのこと。12月2日~4日で場所はニュージーランドのオークランドでの開催のようです。
OSCAJは東京大会とオセアニアカップをサポートしたいと思います。